賃貸物件の空室を探しま専科

最新賃貸情報「賃貸物件の空室を探しま専科」

見逃すことの出来ない賃貸情報を多数ご案内しています。
「賃貸物件の空室を探しま専科」のお役立ち情報メニューはまさに必見です。

 

不動産屋を利用して賃貸物件を探すことになりますが、その不動産屋のクチコミ情報をチェックしておきましょう。
適当な対応をしているような従業員が在籍している不動産屋は避けるべきなのです。

 

今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。地方に行けば行くほど賃貸物件の数が少ないと感じますが、実際には今は数多くの賃貸が地方にもあるのです。
さすがに都心部ほどの量ではありませんが、案外掘り出し物の物件に住むことが出来るケースが多いです。




賃貸物件の空室を探しま専科ブログ:21-1-2022
名古屋から子供を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったあたしたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたがあたしの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままあたしも座っていた。

するとあたしの嫁が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは嫁にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
あたしたち家族はそこで降りたわけだが、
そこであたしは嫁に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
あたしも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた嫁は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの親父やママも
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

あたしは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。


このページの先頭へ戻る
賃貸物件の空室を探しま専科 モバイルはこちら